少しずつ大切なものを紹介していけたらと思います
byルルエリ
       
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
Link
のんびりかあさんのHello! My Baby
愛知県在住の男子Babyのママ、akikiさんのブログです。
☆トモトカナ☆
 カナちゃん目線で日々を綴った長崎在住のカナママさんのブログです。
但し、カナママさんは大阪の人!
☆crystal days☆  私と同じ福岡市在住のyukariさんのブログです


にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ:本・観たもの( 7 )
by ルルエリ |
キッズルーム構想
インテリアもマンネリ化しつつある我が家。

最近の唯一の楽しみといえば・・・・



ムスメ部屋の作成 ( ̄ー ̄)フフフ



そんなこんなで本屋でも図書館でもキッズルーム関係の本をチョイスする日々を送っております。

今回の図書館ではこの本をメインに数冊チョイス♪

といっても、何回目だ!これ借りたの(笑) 

もう買ったほうがいいんでないかと思い始めた今日この頃・・・



e0039069_20535134.jpg

北欧コペンハーゲンの子ども部屋
これシリーズものです。
パリやらロンドン版もあります。
ワタシは、特にコペンハーゲンのこの表紙の女の子のお部屋がスキ♪


まだまだ、ムスメのものはリビングがメインですが、少しずつ整えて

楽しんでいくつもりでいます。

妄想だけは、山盛りてんこ盛り(笑)



本日の作品

e0039069_21201874.jpg

ワタクシ作品
青い小窓がカワイイ(コレ見本見て作っただけですが・・・・)

e0039069_21203282.jpg

ムスメ作品
なかなかの配色バランス!
[PR]
by ルルエリ | by piyopiyopip | 2009-02-22 21:42 | 本・観たもの
シンプル
人のうちの本棚を覗く趣味はありませんが、この人はどんな本を読むんだろう?!

って興味そそられちゃったりします。

読む本で、何に興味を持ってるのかとかちょっとした性格とかわかっちゃったりして

本棚ってちょっとおもしろい・・・・

そんな感じで、他の人が選んでたりする本を借りて読むのもまたタノシ。



というわけで以前からきらきらひかるさん家から何冊か本を借りて読んでるんですが、

その本によって旦那パパと話が盛り上がったりしてこれまた不思議なつながりを

感じたりする楽しみもあったりしますネ。

そして、今回お借りしたこの本もちょっとしたワタシの中で革命が!!


e0039069_203652.jpg

持たない暮らし
ページをめくるたびにモノが氾濫すると気持ちにまで余裕がなくなることを実感!
頭に残ったフレーズにこんな文章が・・・・

わたし達の周りにあるモノは、形をかえたワタシたちの時間なのです。
「時は金なり」というのは、現代社会の常識ですが、これは言い換えれば、
「時はモノなり」ということでもあるのです。


うーん・・・まさしくその通り。

だって、モノを買うお金を稼ぐのは、その人の時間を代償にして得たわけですし、

お金を得ようとすればするほど、時間はトラエテいくわけですからね・・・・・
(そんなことしなくたってモノを得られる人もいるから一概にはいえないんだけど)



三十路を越して、自分のものはやっと必要なものとそうでないもの、わかってきたような

気がしてますが、ミユっちのものとなるとどうも脳からアドレナリンが出てしまい、

冷静な消費能力に欠けるような気がします。

カノジョのものこそ、買っていいものそうでないものと考えなくてはならないのにね。

読み終わる前から、ゴミの日の袋には、ちょっととっておこう!ってものが

ダイブして、サヨナラ~っとしていきました。

やっぱりシンプルに暮らすって気持ちいい~♪



カノジョの本棚の新入り本

e0039069_2025828.jpg

エルマーいろいろ
再放送のぺネロペがお気に入りのミユっち。
それでは、本をシリーズで集めてあげようと思ってたんだけど・・・・・
本にはあんまり食いつかない!
ってことで、図書館で借りて食いついてたこの本をチョイス。

e0039069_20331610.jpg

読書中
この本は、題名にもあるとおり色をエルマーと一緒に楽しむ絵本。
赤色をテーマにしたページは、夕焼けの綺麗な景色をエルマーと楽しめたり
します。
なにしろ発色がいいので、こちらも見ていてとても癒される絵本ですヨ。


オマケ

e0039069_20401035.jpg

只今のカノジョブーム
お絵かき。
クレヨンは、ボロボロ・・・・・ガンバレ!クレヨン!
[PR]
by ルルエリ | by piyopiyopip | 2007-08-19 19:34 | 本・観たもの
癒しタイム
今更ですが、これ観ました。

e0039069_214086.jpg

かもめ食堂
フィンランドのヘルシンキで食堂を開いたサチエ。
普通に淡々と食堂をこなすカノジョの周りに次第に集まる
人達とのゆったりしながらも、面白可笑しい日々の物語。


本当に今更です。観たい!と思いながらもなかなかね・・・・・

人それぞれ映画の好みはあると思いますが、こういうストーリーが淡々としてる

淡白な???映画がワタシはスキです。

スキって思えたのは設定がフィンランドっていう場所もあったとは思うんだけど、

ミドリとサチエが出会う書店のカフェのイスもアリンコチェアだし、

食堂で何気に使われてるものがiittalaだったりと視覚的にツボすぎ!!


ふーんって思ったのが、ワタシはどちらかというと濃い青がスキで、部屋の指し色も

濃い青なんだけど、この食堂の壁の半分が、くすんだグレーがかった薄いブルーで

こういう色のが食堂やカフェなんかだと落ち着くのねぇ・・・・・

やっぱり物を食べたりする場所は、落ち着いて癒される雰囲気が大事なんだと・・・・

色って大事。

それとこれは余談ですが、黄金トリオの室井滋じゃなくて片桐はいりが出てたこと、

映画をみてなんとなぁくわかった気が・・・・・

それは別にどうでもいいことですけどネ。

観終わったあと、ふわぁっと気持ちよく眠れる気がした映画デシタ。イヤサレルわ!


ムスメの癒し
e0039069_21291244.jpg

お風呂あがり
お風呂から上がってガーゼを嗅ぐのが、ワタシの1日の終わりの癒しなの~
[PR]
by ルルエリ | by piyopiyopip | 2007-06-24 21:35 | 本・観たもの
スキと想えるもの
高熱グッタリべったりミユっちとの濃密な1日を過ごした今日、お昼寝の隙間を

ついて、図書館で借りてきた本を読みます。


e0039069_21373781.jpg

北欧雑貨をめぐる旅
雑貨だけでなく北欧の透き通るような景色も知ることのできる本。

e0039069_21375227.jpg

北欧デンマークのかわいいモノたち
ホントにステキな色とキャラがいっぱい載ってる本。
もうたまりません。


やっぱり、ワタシは北欧ものに弱いです。

ものすごーく若い頃、初めてインテリアの雑誌を覗いたとき、

稲妻のような感覚に陥った記憶があります(大げさ?)

ワタシもいつかFRITZHANSEN社のダイニングテーブル&チェアで

過ごしてみたい!と思うようになり、自分のスキがどんどん分かるようになってきました。

人には色々な好みがあって、どんなものでもOKっていう感覚の人もいたりして・・・・

ワタシが北欧のものや色使いがスキだと思ったのが、遥か昔の10代の頃だったのですが

それよりも前の若いミユっち世代にも好みというものがあるのだと最近思ったことが。




e0039069_21563158.jpg

はっきり色の紅茶缶
実家ハハが、イギリスに旅行に行ったときに紅茶を飲み終えたら
ミユっちのおままごと道具になるようにとオミヤで買ってきてくれた紅茶缶。


なんだろうなぁ・・・・子供ってやっぱりこんなハッキリしたお色がスキなんですねぇ!

他の紅茶缶やお茶葉缶には目もくれず、この缶に食い付く&食い付く!!

早く紅茶飲んでおままごとキッチンに飾ってあげるからね☆


e0039069_22131195.jpg

40℃のハイテンション娘
家事も何もせず、ずっと一緒にいた1日。
ミユっち、キツイはずなのに「ママ~」とワタシに笑いかけ
「いいね~」と、何回もいいます。
思わず涙がでると、手でワタシの顔を触ります。
なんだか自分のしてることに疑問をかんじた瞬間でした・・・・
[PR]
by ルルエリ | by piyopiyopip | 2007-06-07 22:21 | 本・観たもの
寒いので
読書が満喫できます♪

今回は、以前のコメントでベビちゃんママのyukarinが教えてくれたこの本をチョイス!

e0039069_2281417.jpg

錆びる心 桐野 夏生
図書館で見つけたので早速借りてきました。
前にこのブログで紹介した送り火 重松 清著の感想を書いたときに教えてもらったので、
比較しながら読む楽しみもありましたよ!
そして、この本も同じく6つの短編集となってます。一つ違うのは、短編が全部完結で
リンクしたりしていないこと。
まず、思ったこと、送り火よりホラー色が強い(*_*)やっぱり桐野 夏生だからでしょうね・・・
一言で表すと暗闇の中に引き込まれていくような感じになります。
ワタシがとくにおもしろいと思ったのが、<虫卵の配列>と<月下の楽園>の二つ。
<虫卵の配列>は、久しぶりに会った女同士がお互いの難しい恋愛を語りあっているうちに、
意外な展開と事実を知ることになるというもの。女特有の思い込む強さをリアルに描写している
ので、読んだ後、ヤラレタ!という感じです。私はどっちかというと男脳なので、そう思ったのかもしれませんが・・・・


人間の孤独感とか心の隙間とかそんな中に潜む落とし穴の話でした。

最近、こういう話ばかりを好む私って何か病んでる?(笑)

yukarin紹介してくれてありがとう(^o^)




オマケ
e0039069_22364263.jpg

フムフム
これは、以前気に入ってた絵本を読んでるときの画像。
最近のカノジョは、ワンワン&ニャンニャンのリアルな絵本がオスキ☆
この絵本には、見向きもしないよ・・・・
[PR]
by ルルエリ | by piyopiyopip | 2006-12-17 22:46 | 本・観たもの
しをんWEEK
結構前から気になってて、読もう読もうと思ってた三浦しをんさん。

と、思ってたら今年直木賞をとってしまったものだから、図書館はいっつも貸し出し中・・・

この間やっとこさ借りることができました。


どっちから読もうかなぁ
まずは、表紙に魅かれてこっちから
e0039069_23174.jpg

私が語りはじめた彼は・・・
一人の大学教授、村川というどこに魅力があるのか全くわからない男に
魅かれる女達。振り回される家族。軸となる村川教授はあやふやな表現のまま
カレに少しでも関係した人間が、カレについて語っていく連作短編です。
(ちょっと呪怨を思い出してしまった・・・・作り方が)
違う立場の人間が語る村川は、同じ人物なのに印象が全く違ったものとなっていて
一体どういう人間だったのかと興味を持たざるえません。
ただ、結局のところ、この村川という男はあるがままに生きていただけで、周りの
起こした行動や言動に流されていっただけなのかも。
なんだか読み終わったらザラザラ感が残りました・・・
周りの人間は不幸になっていくのに当の本人は淡々と生きて死んでく。
でも、世間ってそんなものかも・・・



e0039069_2312046.jpg

むかしのはなし
皆誰もが知っているような昔話をベースにして現代にアレンジした7つの短編です。
短編なんだけど、前後がリンクしてたりしてちょっとおもしろい。
なんとなく近未来的です。何時の時代に生きていても起こることは同じ・・・
という感じでしょうか?こちらもなんとなく虚しい気持ちに・・・
そういえば、浦島太郎だって終わりは虚しいですネ(;O;)




2冊を読み終わって感じたこと、読んだあとのザラザラした感じも虚しさも

この人のワールドに引き込まれるとなんとなく宙に浮かんだような気分になります。

こういうの書ける人の頭の中を覗いてみたい。

幸せな思いばっかりしてたら書けないような気がするけど・・・

そして、やっぱり短編万歳!!



ヒョ~!!ミユっちの泣き声が聞こえてきたぞ~!ナイスタイミング!ミユっち!
[PR]
by ルルエリ | by piyopiyopip | 2006-11-21 23:37 | 本・観たもの
少し早めの読書の秋
ミユっちと二人で読書に励みます。

e0039069_22455280.jpg

読書に励むミユっち
お気に入りの1ページです。結構、集中して読んでます。

e0039069_22411142.jpg

読んでくれ~とチラリ☆
ミユっちに見られました。この目は、「読んでくれ~」の目です。
この目でせがまれたらさ・・・カアチャン、何回でも読んじゃうよ(●^.^●)

ミユっちが読んでる絵本
e0039069_2243229.jpg
じゃあじゃあびりびり まつい のりこ
4ヶ月の検診時に市からおくられました。最初は、全く興味を示さず
「なんだそりゃ?!」と思ってましたが、5ヶ月半の頃から
変化が見られ、今では、前に紹介したねないこ だれだ
と同じくらいのお気に入り絵本と昇格しましたぁ(@^0^@)








私のこの秋、初読書本
e0039069_22562727.jpg

送り火 重松 清
9の短編ストーリーで成り立ってます。その9つ全部が武蔵電鉄富士見線とその周辺の街が
舞台になっていて、そのホームにいる乗客のだれかが必ず抱えていそうな悩みや心の歪みが、
ちょっとずつ歯車が狂うことによって現実では起こりえない現象に巻き込まれていってしまう
切なく、恐ろしく、ときにあたたかい気持ちになるショートストーリーです。
いじめ・公園デビュー・リストラ・自殺・離婚・・・・ホームですれ違うごく普通の人々。でもその
一人・一人に違う運命があり、大なり小なり悩みを抱えて今を生きています。
とかくやさしさは、自分の大事なものにだけが対象になってしまいがちですが、その悩みを持った人にしか分かりえない苦しみを、この本を読むことでなんとなく引き込まれて、疑似体験のような感覚に陥り、同じように心が痛んだりする、そんな怖さを味わった一冊でした。




最初のフジミ荘奇譚は、旦那が出張中の夜12時頃、読んでて、

背筋がゾッーーーー(@_@;)となったところへ、ミユっちの寝言かなんかわからんが 

フフッ って声が絶妙のタイミングで発せられ、ワタシャ本当オシッコちびるかと思ったよ・・・・・トホ

これから秋の夜長の読書・・・いいですね。その前に食欲の秋がありますがネ( ̄ー ̄)フフフ



ポチっとお願いします→人気blogランキングへ
[PR]
by ルルエリ | by piyopiyopip | 2006-09-02 23:38 | 本・観たもの


ライフログ
最新のトラックバック
育児の悩み
from 育児の悩み
ベビードール(babyd..
from ベビードール(babydol..
ハグオーワーの通販の魅力
from ハグオーワー
小児科
from 小児科
日帰り旅行の情報です
from 日帰りガイド
アニメ文化大使にドラえも..
from 映画の情報
30代後半独身男
from 30代後半独身男の情報
リアルタイム 無料情報♪
from ★ 知らないとは言わせない!
ホームページもリニューア..
from プリ面ぐるみ神戸店
掃除でキレイになる
from 掃除でキレイになる
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧